「青汁」を飲むとやっぱり調子いいよ

投稿者: | 2019年7月19日

「青汁」という存在は、非常に長きに亘るロングセラーアイテムである一方で
常に新しいアイテムが開発・発売され続けているアイテムでもあります。

基本的には「ケール」や「大麦若葉」といった緑の野菜に加えて
飲みやすくするために、「抹茶」や「豆乳」を加えられていたりと
内容に関してきまりはなく、無限のパターンがあると言えます。

最近では、特定の症状に効果的な成分を配合したものや
「トクホ(特定保健用食品)」「機能性表示食品」といったアイテムも
「青汁として」販売されているものが、非常に目立ってきています。

「なんとなく体にいいイメージがある」ということも影響した
続々と青汁にあやかった商品が販売される中でも
最近では「手作り」といった、より本来の形を望む方も増えているようです。
そういった中で、改めて「スタンダード」な青汁が注目されており

少しだけ「健康的なプラスアルファ」を加えた、
シンプル且つハイパフォーマンスな青汁が流行となってきています。

「トクホ系」か「低価格」が中心に

「ヘルスマネージ大麦若葉青汁(難消化性デキストリン配合)」のように
生活習慣病に働きかけるための、「特別な成分」を配合したアイテムは
サプリだけでなく、青汁といったアイテムの中にも増えてきており
本来の目的(青汁による栄養摂取)に加えて、特別なケアができることから人気となっています。

「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」に関しては、「難消化性デキストリン配合」による
血糖値の上昇を抑制する効果から、高血糖・糖尿病への働きかけができるとして
血糖値に悩む方に、人気のアイテムであると言えます。

もちろん、この他にも新しい・おススメの青汁は増え続けており
その中でもより「青汁感」の強い、また特別な成分を含んだアイテムとして
大手食品メーカーである「森永製菓」が販売する「おいしい青汁」も紹介したいと思います。

まず最も大きな特徴として、非常に「青汁らしい青汁」と言えます。

「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」がシンプルな配合である一方で
より「青汁を楽しみたい」という方にも、おススメのアイテムになります。

昨今の傾向として、

  • 配合成分・食材の多さ
  • 厳選したシンプルさ

という、両極端の青汁が目立つ一方で
「昔ながらの青汁」という印象を受ける含有成分となっています。

また、

  • 国産野菜のみ使用
  • 飲みやすい

といったことに関しては、今となってはそれほど珍しくはなく
他の青汁に比べて、メリットが少ないように思えますが
注目すべき「プラスアルファ」としては、やはり「機能性表示食品」として
生活習慣病の予防のサポートとなる、特定の効果に関するものになります。

こちらは、「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」と重なるものになりますが
「難消化性デキストリン」を配合することによって、食事に伴う血糖値の急上昇防ぎ
結果的に、糖尿病の予防にもつながると考えることができます。

難消化性デキストリンは、

  • 脂肪の吸収の抑制・排出の促進
  • 糖の吸収をおだやかにする
  • そもそもの「整腸効果」

といった、今や生活習慣病対策の中心となっている成分であり
「栄養補給のついで」に摂取できるアイテムは、多くの方が利用し始めています。

「続けやすさ」もアップしている

別の角度からの特徴・メリットとしては、1食(杯)ごとに紙パックで包装されており
混ぜる・振るといった手間がかからない仕様となっています。

健康習慣にアイテムを導入する際に、「習慣化しやすい」ということは
非常に重要なポイントであり、また食事に合わせやすいことも飲み忘れ防止につながります。

「すごくおいしいかどうか」ということに関しては、
こういったアイテムというのは「それほど」とは言えないことが現実です・・・

「普通のものに比べたら」という程度に考える必要もありますが
「青汁感」というのも、重要なポイントとして考えられるものであり
とにかく利用してみて「自分に合うもの」に出会う事が必要なのです。

青汁だけに限らず、「飲んだから一生健康」というわけにはいきません。

こういったアイテムというのは、ぜひ「気合を入れるきっかけ」として
利用して欲しいものであり、必ず「継続」が必要なものと言えます。

「お酒」

「スナック菓子」

「缶コーヒー」

といったものをいち早く青汁に置き換えることは、マイナスをプラスにするものであり
そのままの状態に比べて、どれだけメリットがあるかは計り知れないものです。